究極の熟成豚「ドライエイジングポーク」

加工する際に高い品質管理が求められ、厳しい基準をクリアしてはじめて認められるのが「ドライエイジング製法」で作られる熟成豚「ドライエイジングポーク」です。熟成期間は30~40日と長く、他の豚肉と比べフレーバー(味覚・香り)で味わい深さが格段に違います。

出荷数の少ない“プレミアム”な豚肉

厳しい品質管理と熟成期間の長い「ドライエイジングポーク」は年間数百頭分のお肉しか出荷することができません。このプレミアムな豚肉は牛肉のように厚切りのソテーにして食べることで、よりお肉の旨みと風味を感じることができます。

専属熟成士による厳格な品質管理

「ドライエイジングポーク」の熟成具合を管理するのは、ドライエイジング製法の知識を持った専属熟成士です。温度と湿度が少しでも変化すると酵素の生成状態が変わってしまうため、毎日、朝・昼・夜とチェックを行い、常に最適な環境を維持しています。またお客さまニーズに合わせた熟成度でのご提供も可能です。

試食にお越しください。

数が少ないのでスケジュール調整を
いただくことがございます。