妥協のない「品質」へのこだわりで、
皆様に「美味しい幸せ」をお届けしてまいります

小川グループは食肉のサプライヤー事業をメインに中間流通や直営外食店の運営、精肉小売、生産事業など幅広く手がけています。近年では海外への輸出事業なども含めて「食」に関わる総合的な事業を推進しています。
畜産物はお客さまの食卓に並ぶまで、非常に長い年月を必要とします。生産者の皆様が長期にわたり丁寧に心を込めて育てきた大切な牛や豚を、私たち小川グループもまた愛情を込めて最終加工を施し、万全管理のもとお肉の鮮度を保ちながらお客さまにお届けしています。
食肉の品質を支える大きな要素は加工技術です。昭和13年の創業時より職人から弟子に受け継がれてきた、変わらない"匠"の技術が私たちの強みであり財産と言えます。カット一つで美味しさも変わります。また、様々なお客さまのニーズにこたえる、柔軟な対応も高度なカット技術があってこそです。
そして、安心なお肉をお届けする。当然のことですが、私たちの最も重要な取り組みです。牛肉のプロフィールを追跡管理することが可能な「トレーサビリティシステム」への迅速な対応や、食品安全・品質管理の認証規格SQFを食肉流通業界でいち早く取得しました。
今後とも、小川グループは食肉流通業界のリーディングカンパニーとして、妥協のない「品質」へのこだわりを持ち続けたいと考えています。
原点は、お肉を食べたときに感じる「美味しい」というシンプルな気持ち。それこそが私たちが皆さまにお届けしたい「幸せ」です。今後は、アンチエイジングや健康増進など、社会的に関心の高い分野の研究・商品開発にも注力し、常に皆さまへ食の「幸せ」をお届けするよう全力を尽くしてまいる所存です。

小川晃弘

お取引、取材のお問い合わせは
こちら